サマースクール

今回のサマースクールは、体を動かすことをテーマに行いました。

運動の基本になる足(靴)について、ミズノ株式会社の方に、

講演していただきました。

自分の子どもの、足のサイズがわかっているか、足の裏の状況は

わかっているかなど、日頃、気にはしているものの、

わからないことが多く、「そうだったのか・・・」と

納得している様子がみられました。

サイズのあった靴を履くことによって、足のアーチをしっかり

形成でき、体を動かすことに必要なことがわかりました。

講演会のあとの、足裏測定には、たくさんの園児が測定しました。

 

初めての経験で、子どもたちは緊張気味です。

 

「前を、向いててね!」と言われても、

足の下からは、スキャンする光が・・・

ドキドキの一瞬でした。

 

 

足裏測定の、結果を持って、体育館で行われている、

ためし履きのコーナーに行くと・・・

たくさんの靴があり、ちょっぴりうれしそうな子どもたち。

しかし・・・保護者の方は、

測定結果を見て、ミズノの方のアドバイスを、真剣に聞いていました。

乳児部「親子ふれあい遊び&Tシャツ作り」

0~2歳児は講演後親子で音楽に合わせて体を動かしたり、今後の行事に着るTシャツを作りました。

親子ふれあい遊びでは、座る、立つ、歩く、飛ぶ、かがむ等の動作を取り入れながら日頃保育者と親しんでいるふれあい遊びを保護者の方と楽しみました。普段では見られない子どもたちの喜ぶ声や、笑顔を見ることが出来ました。普段どんな遊びをしていいかわからない、時間がなくてなかなか子どもと触れ合うことが少ないという方にとっても、今回の機会はとても良い機会になったのではないかと思います。

Tシャツ作りでは、クレヨンや絵の具を使った指筆、スタンプ等を使ってオリジナルのTシャツを作りました。簡単なスタンプや、点や線を子どもたちが描き、そこに大人が一工夫。子ども達よりも保護者の方のほうが真剣に取り組む姿が印象的でした。そしてとっても素敵なオリジナルのTシャツが出来上がりました。みんなで着るのが今から楽しみです。

 

幼児部の子どもたちは、講演会の間、こんなことをして待っていました!!

 

運動遊びに向けてウォーミングアップです。 音楽に合わせて「ダンス・ダンス・ダンス」

 

保護者の皆さんと別れを惜しんで泣いていた子も音楽がかかるとにっこり笑顔になりました。

サマースクールには、在園している子どもたちのお兄ちゃん、お姉ちゃんも来てくれました。

 

ほとんどが卒園生なので、久しぶりの再会にうれしくなってしまいました。

 

写真は、小学生が見本となって、ラジオ体操をしているところです。

 

小学生の姿をみた子どもたちは、憧れの小学生の存在にいつも以上にはりきってラジオ体操をしていました。

次は、みんなでゲームをしました。小学生ももちろん参加しました。

 

円の中心にいるのは小学生。外側は年中児。小学生が外にでないようにがんばります。

 

大人が見れば、ゲームにならないのではと思いがちですが、ここで、お互いの年齢による発達がでます。

 

本気で取り組む年中児。負けたくないけど自分より小さい子には優しくしないとと考える小学生。

たのしい時間を過ごすことができました。

 

 

運動遊び開始!!

 

運動遊びを経験している子どもたちは、全身を動かして楽しみました。

 

自分に自信がある運動遊びになると何度も挑戦していました。

 

保護者の皆さんに褒めてもらうと嬉しそうな顔が印象的でした。

 

 

あいにくの雨の一日でしたが、足のことがわかったり、子どもたちと、一緒に体を動かしたりたりなど、

有意義な一日を過ごせたことと思います。

 

梅雨明けが、待ちどおしいですね・・・

しかし、暑い夏は、すぐそこまで来ています。

暑さに負けないよう、元気いっぱい、体を動かして、夏を過ごしてください。