七夕会


七夕にちなんで全園児で七夕会をしました。


七夕の由来を聞く子どもたちは真剣です。


短冊の願いごとも叶うのか今からどきどきわくわくです。


はじめの言葉は、年長児が担当しました。


ドキドキしながら、みんなの前で発表することができました。


七夕の由来を聞いてるところです。


星の話を聞くと・・・


「天の川見てみたい。でもぼく(私)寝てるしなぁ!!」


夏休みちょっぴり夜更かしして、星空をみるのもいいですね。


みんなの前で、自分の願い事を発表しました。


年長児の代表です。


緊張しながらも、きちんと発表ができました。


みんなに拍手をもらうと誇らしげな表情でした。

 

次は、年中児の代表です。


返事を元気ににして、前に来たら急に恥ずかしくなってしまい、二人で同じポーズになってしまいました。


保護者の皆さん。こんな時「ちゃんとしてほしいな」と思うはず、実は、年中児は人前で発表をする恥ずかしさを知る時期なので、こんな時は見守ってあげて下さい。


この後、二人はきちんと発表することができました。



 

次は、年少児の代表です。


「大きな声で言えるかな」という問いかけに

「はーい」


見事に大きな声で発表してくれました。



 

 

 

最後は、終わりの言葉


朝、登園した時に自分の名前を見つけて「緊張する」と話していた年長児。


いよいよ本番です。