保育参観

年長児はこいのぼりの制作を行いました。

今まで3,4,5歳児で作り上げてきた鱗を実際のこいのぼりを見ながら丁寧に貼り付けて完成させました。

自分たちが作ったこいのぼりを広げると、「わー!!」っと歓声上がりました。

4月に入って初めての共同制作。お友達と協力して作り上げる喜びを感じる子どもたちでした。

年中児は、タンポポ制作を行いました。一人ひとりが真剣に、のりやハサミを使って春の身近な花を表現し、できないところは、保護者の方に助けてもらいながら、作り上げました。

春の自然に興味を持ち、様々な用具を使って表現する楽しさを味わい、自分で完成させることができました。

年少児は、表現遊びを行いました。まねっこ遊びをしたり、音楽に合わせて体を動かしたりして楽しみました。

年少児になって、身の回りのことを自分でしたり、先生の話をしっかりと聞くなど基本的なことを少しづつ覚え、時には甘えたい時もあるけれど、自分で!!と頑張る姿も見られます。お家でもたくさんスキンシップを取りながら、園生活が安心して過ごせるよう関わっていただきたいです。

2歳児は、マットなどを使ったサーキット遊びをしました。上ったり、下ったり、くぐったり、ジャンプしたりと体全体を使って保護者の方と一緒にダイナミックに動きを楽しみました。

 

1歳児、0歳児は、親子でふれあい遊びを行いました。

親子でスキンシップを取りながら、目と目を合わせたり、体に触れたり、歌いがけたりしながら親子での時間を楽しみました。普段では見ることのできない子どもたちの最高の笑顔を見ることができました。