流しそうめんを行いました。

暑い日が続くようになってきました。

園では夏の風物詩、流しそうめんを行いました。

麺を待ち構える子ども達ですが、するっと箸の間から逃げると声があがります。

上手につかめた時にもさらに声があがり、とても美味しそうに食べていました。

 

流しそうめんを楽しんだのは幼児部の子ども達だけではありません。

実は乳児部の子ども達も、流しゼリーを楽しみました。

流れるゼリーに最初は手を伸ばせずにいましたが、一度やり方をしるともっとやりたいと竹の周りに集まり、ゼリーが流れてくるのはいかまいかまと待ち構えていました。