お泊り保育が行われました。

今年もいよいよお泊り保育の時期がやってきました。

夏季休業に入る前から子ども達の楽しみな気持ちどんどん高まっていきました。

みんなで役割分担をし、係を決めて、持って行く荷物の確認をして当日を迎えました。

 

午前中はまず観音沼森林公園の散策です。

森の案内人さん達とともに、笹船の作り方や、いたどりの笛を楽しみました。

いたどり笛はおみやげにもらうと、「これはパパとママの分」と少し多くもらってかえるほほえましい姿がありました。

また、今ではあまり見ることが出来ないハッチョウトンボの姿も…。真っ赤な色だけでなく、水色や黄色のトンボがいました。

 

案内人さんたち、お忙しい中ありがとうございました!

 

 

鱒掴みでは、最初はどきどきの子ども達…。

「ぬるぬるする!」「こわい!」そんな声がきこえながらも一生懸命水の中の鱒をおいかけていました。

 

最後はみんなで野外炊飯。

保育の中でかんがえる機会をつくってきた「命を頂く」ことを思い出しながら鱒を食べる姿が見られました。

 

 

戸赤の学校やまざくらさんに宿泊です。

ついてすぐに荷物の入れ替えをし、ソバ作り。

みんなで自分達の夜ご飯のソバをうちました。

 

戸赤の学校やまざくらさんは地域の方によって管理・運営されています。

この日も、地域の方が夜ご飯をつくりに来てくれたり、キャンプファイヤーの用意をして下さいました。

 

 

一日の活動を楽しんだ子ども達。

しかしまだまだやることは終わりません。

お風呂に入り、身支度を整えて、寝る準備をします。

「みんなでやると楽しいね!」と、布団に転がって遊ぶ姿もありました。

 

そして時間になるとすうすうと寝息をたてて寝だす子ども達…と見せかけて寝たふりをして遊ぶ子も。

けどじはらくすると、ぐっすり眠りはじめ、とても可愛らしい寝顔を見せてくれました。

 

 

朝起きると晴天です。

数日前までの雨の影響も心配されましたが、川遊びも実施できることになった子ども達は大喜び。

しかし川の水が温まるまで散策をして楽しみました。

 

前日に聞いた笹の葉を使って笹笛を試みる姿もありましたよ!

 

 

 

川の水はつめた~く、「冷たい!」との声もあがりました。

けどいつのまにか水の掛け合いがはじまり、先生と子ども達一緒になって楽しむことが出来ました。

 

 

 

最後にみんなで戸赤の学校の方々にお礼の手紙とプレゼントをつくり、園に戻るバスに乗り込みました。

子ども達の活動を多方面でサポートして下さった戸赤の学校のみなさん、本当にありがとうございます。

 

 

報告会では1日ぶりに会う保護者の方の姿を見つけると喜びが隠せない子どもたち。

会ってすぐに、活動のことを話し出す子もいました。

 

今回のお泊り保育では

 ○「おはようございます」「いただきます」等生活の中で必要な挨拶を丁寧に行えるようにすること。

 ○人の話を聞く時には、相手の目を見てしっかりと聞くこと。

 ○自分の物は自分で整理整頓をし、大切に扱うこと。

 

 ○どんなことにも挑戦すること。

以上のことを目標に頑張った子ども達。ご家庭でも、子ども達のこのような姿をぜひ育てていって頂きたいと思います。