福島県二本松市「まゆみ学園」のウェブサイトです。

子どもの館にっき

年長児見学保育

 10月15日(金)年長児見学で『アクアマリンふくしま』に行ってきました。
 当日は天気も良く、汗をかくほど暑いぐらいの気温。急遽、蛇の目ビーチで水遊びもしてきました。予定になかったスケジュールだったため、タオルも着替えもない・・・「濡れちゃったけどどうしよう」としょんぼりする声が聞こえましたが、すぐに「お日様が出てるから大丈夫!」「すぐ乾くよ」と頼もしい子どもたちからの声が聞こえると、「そうだね」としょんぼりしていた子どもたちも元気になりました。また、ズボンを濡らしてしまった子は「バスが濡れてしまうから、シートを敷いて座るね」と自分達でしっかり考え行動していました。
 大きな生き物、綺麗な魚に感動しただけでなく、『生と死』についても学びました。死んでしまったカエルが展示されていたブースでは、「気持ち悪い」「見たくない」と目をそらす子もいましたが、死んでしまったカエルは、葉っぱや生き物の食べ物となり、エネルギーとなって他の生き物の役に立っていることを話すと、「そっか」「えらいね」「気持ち悪いけど頑張って見てみる」としっかりと見てきました。
 今回の見学保育では、水族館という豊かな経験を通して、興味や関心が高まるきっかけとなりました。子ども達の五感を健やかに発達させられる保育をたくさん取り入れていきたいと思います。