福島県二本松市「まゆみ学園」のウェブサイトです。

子どもの館にっき

さようなら ぞうさん、こんにちは キコリの家。

先月、約20年間、子どもの外遊びをあたたかい眼差しで見守ってくれたぞうさんとお別れしました。
「ぞうさんにわたしてね」と、トラックの運転手さんに手紙を渡す子どもたち。手紙には、「ぞうさん いっぱいあそんでくれてありがとう」と書いた文字とかわいい瞳のぞうさんの絵が描かれていました。
そして、この度、子どもの館に「キコリの家」が誕生しました。すべり台と登り階段が2つ付いた遊具です。小さい子どもたちも大きい子どもたちも大喜び。
木こりの家に登って眺める景色は格別で、線路を走る貨物列車も、空を流れる雲も、いままでと見え方や感じ方が違うようです。
ぞうさんのように、キコリの家が、子どもたちの遊びと心の基地になりますように。