福島県二本松市「まゆみ学園」のウェブサイトです。

まゆみぷらすにっき

感触遊び

乳児部では、様々な感触遊びをしています。
お部屋をあったかくして、今回は「はるさめ」と「かたくり粉」と「寒天」の感触遊びをしました。
ぱきぱき固いはるさめが、ぬるま湯につけるとあら不思議。柔らかくなりました。
「つるつるだね」「ラーメンみたい!」そこにオレンジ色の絵の具を入れると「スパゲッティーみたい」いろいろな変化に気づくことができました。
かたくり粉は、水溶き片栗粉を煮てどろどろに。最初は恐る恐る触っていた子どもたちも、最後にはどろどろになって遊ぶことができました。
寒天は型抜きをしたり、手で握りしめたり、不思議な感触を味わいました。
様々な感触に抵抗のある子どもたちもいます。でも、友達の遊ぶ様子を見たり、何回もちょっとづつ触ることで、触れるようになります。
天候が悪く、お外で遊べない日が多くなってきますので、室内での遊びを充実していきたいと思っています。